投稿先 未分類

痛みについて

包茎手術には、必ず麻酔が施されます。しかし、ペニスは神経細胞が集中しており、そこに麻酔注射を打ちこむ際に痛みを伴ってしまいます。そのため、オプションによって無痛麻酔を用意しているクリニックもあります。痛みが気になるという方は、自分の好み、体質に合わせたオプションを利用しましょう。

そして、無痛麻酔にはいくつかの種類があり、段階麻酔、マスク麻酔、点滴麻酔などがあり、これらはすべてオプションとなっています。オプション料金はクリニックによって異なりますが、およそ5万円とされています。

また、無痛麻酔の最たるものとして、針を刺さないで、麻酔シールを局部に貼り付ける「無針麻酔」があります。どうしても注射が苦手な方や、本当に痛みに対して不安を持っているという方は、こちらも検討してみてください。

もし、予算的にオプションを付けたくない、もしくはオプションではなく、包茎手術自体のプラン費用にお金を使いたいという方もいることでしょう。確かに、包茎手術の傷みは術後2~3時間がピークといわれており、一日たてばある程度は引くものでもありますので、予算優先な方の場合は、オプションを付けない方法でもいいかもしれません。

投稿先 未分類

肌質や症状について

包茎を知るためには、まず、種類から教えていきましょう。包茎には三種類ありますが、最も多いのは仮性包茎です。仮性包茎とは普段亀頭が包皮に隠れており、勃起することで亀頭を痛み無く露出させることができます。仮性包茎には包皮の覆いかぶさる程度によって症状が変化しますので、自分のペニスがどの程度の仮性包茎なのかクリニックで相談をしましょう。

真性包茎とは平常時も勃起時も一切亀頭が露出しないタイプの包茎です。そのため、包皮の内側を洗うことが出来ないので不衛生になってしまいます。真性包茎によってセックスがスムーズにできなくなりますので、早めにクリニックに相談をしましょう。包茎の中でも重症の包茎と言えます。

カントン包茎とは亀頭を露出しようとすると、亀頭の下が締め付けられてしまう包茎です。重症のカントン包茎ですと亀頭の下がドーナツ状に膨れ上がり、元に戻らなくなってしまいます。こうなってしまうと危険ですので、すぐにクリニックに相談をしてください。

また、ペニスは非常に敏感な部位であることから、肌質によっては肌のトラブルが起こることもあります。そのため、アフターケアが欠かせませんので、医師の指導に従ってケアをしましょう。

投稿先 未分類

人それぞれの包茎手術

真性包茎の手術はペニスにメスを入れる必要があるため、痛みが気になって躊躇している方も多いことでしょう。特にペニスはデリケートな部分ですし、何か問題があっては、その後の人生にも大きく関わってきます。そこで、オーダーメイド型の包茎手術が注目を浴びています。

痛みを特に気にしているという方の場合、無痛麻酔を使用することで、無痛の包茎治療を進めることができます。また、ペニスには、症状や肌質によって、その状態もさまざまです。敏感肌の場合には、肌荒れを引き起こしてしまうかもしれないと不安になっていることでしょう。こういった方に向けて、手術前や手術後のスキンケア、フォローを重点に行っているクリニックも少なくありません。

また、男性であれば誰もがボンヤリと包茎のことを知っていますが、包茎が症状によって、種類が分けられていることまで具体的には分からないという方もいることでしょう。包茎には大きく仮性包茎、カントン包茎、真性包茎の三種類に分類されますが、自分の包茎がどのタイプの包茎に属しているのか分かりません。また、包茎の種類によって症状の重さが変化して、治療法も変わってくるもののため、包茎の種類も知っておきたいものです。

そこで、こちらでは包茎の種類についても解説をしていきます。包茎の悩みやコンプレックスは、周囲の友だちにできないものですので、こちらで包茎の知識を身に着けてから、包茎手術を受けるのがいいでしょう。