• 痛みについて

    包茎手術には、必ず麻酔が施されます。しかし、ペニスは神経細胞が集中しており、そこに麻酔注射を打ちこむ際に痛みを伴ってしまいます。そのため、オプションによって無痛麻酔を用意しているクリニックもあります。痛みが気になるという方は、自分の好み、体質に合わせたオプションを利用しましょう。

    そして、無痛麻酔にはいくつかの種類があり、段階麻酔、マスク麻酔、点滴麻酔などがあり、これらはすべてオプションとなっています。オプション料金はクリニックによって異なりますが、およそ5万円とされています。

    また、無痛麻酔の最たるものとして、針を刺さないで、麻酔シールを局部に貼り付ける「無針麻酔」があります。どうしても注射が苦手な方や、本当に痛みに対して不安を持っているという方は、こちらも検討してみてください。

    もし、予算的にオプションを付けたくない、もしくはオプションではなく、包茎手術自体のプラン費用にお金を使いたいという方もいることでしょう。確かに、包茎手術の傷みは術後2~3時間がピークといわれており、一日たてばある程度は引くものでもありますので、予算優先な方の場合は、オプションを付けない方法でもいいかもしれません。

    カテゴリー: 未分類

    コメント欄は現在閉じています。