• 肌質や症状について

    包茎を知るためには、まず、種類から教えていきましょう。包茎には三種類ありますが、最も多いのは仮性包茎です。仮性包茎とは普段亀頭が包皮に隠れており、勃起することで亀頭を痛み無く露出させることができます。仮性包茎には包皮の覆いかぶさる程度によって症状が変化しますので、自分のペニスがどの程度の仮性包茎なのかクリニックで相談をしましょう。

    真性包茎とは平常時も勃起時も一切亀頭が露出しないタイプの包茎です。そのため、包皮の内側を洗うことが出来ないので不衛生になってしまいます。真性包茎によってセックスがスムーズにできなくなりますので、早めにクリニックに相談をしましょう。包茎の中でも重症の包茎と言えます。

    カントン包茎とは亀頭を露出しようとすると、亀頭の下が締め付けられてしまう包茎です。重症のカントン包茎ですと亀頭の下がドーナツ状に膨れ上がり、元に戻らなくなってしまいます。こうなってしまうと危険ですので、すぐにクリニックに相談をしてください。

    また、ペニスは非常に敏感な部位であることから、肌質によっては肌のトラブルが起こることもあります。そのため、アフターケアが欠かせませんので、医師の指導に従ってケアをしましょう。

    カテゴリー: 未分類

    コメント欄は現在閉じています。